« | トップページ | 新橋の綺麗どころ »

昨日は新橋演舞場 12月、舟木一夫特別公演 「どうせ散るなら」とシアターコンサート 夜の部に高校の同級生の幸子と行って来ました。

幸子は初体験、特に舟木さんのファンと言うわけではありませんでしたが、その幸子が意外と感動して、お芝居の最後の立ち回りの時、頑張ってる舟木さんの姿を見て涙を流していました。

そしてコンサート、知っている曲が多いし、あの「高校三年生」を歌ってくれました。
歌詞の内容はまさに私たちの事。
♫クラス仲間は〜いつまでも〜♫

コンサートは昼の部と夜の部の内容を変えていて、さらに1週間ごとに変えると言っていました。
そうしたら幸子が、「コンサート飽きないわ〜、昼の部も見たいわ〜」と(笑)

毎回ですが舟木さんは公演前に必ずうちのお店に来て下さいます。
今回は3日連続で舞台稽古の前に寄ってくださり、コーヒーを飲んで行かれました。
本当に腰の低い、感じのいい、大物歌手、素敵なお人柄です。

By 宮本レイミ


|

« | トップページ | 新橋の綺麗どころ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/454117/68707578

この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | 新橋の綺麗どころ »