« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

千秋楽

11月公演も無事に千秋楽を迎えました。 千秋楽の最後の舞台はちょっと延長したようでしたが、それでも、終わってから劇場から出てくるお客さまに何となく活気がないような、、、。

P1020153

さて、間もなく12月、いよいよ今年も最後の月になります。

この1年、早かったのか? それとも、遅かったのか、、、?。

今年は、昨年と比べて、なんとなく町全体がクリスマス、クリスマスって騒いでないような気がするのは私だけでしょうか?

だんだん寒くなってきましたし、やっぱり年末ムードは増してくるのでしょうか?

12月の演舞場の公演は、私の好きな藤山直美さんの舞台です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初日

お向かいの新橋演舞場の11月公演「ナツひとり」の舞台が今日初日を迎えました。

先月の歌舞伎の初日のような賑わいはありませんでしたけれど、朝から花束を抱えた

青年がずっと当店の前で、駐車場から楽屋入りをする誰かを待っていました。

「でも、この時間だともう全員が楽屋入りしたころなのに、、、」って思っていたら

諦めたのか、そのまま演舞場の正面入り口の方に行ってしまいました。

初日の今日は昼のみの1回公演、30分の幕間が、またランチタイムとぶつかりますが

12時50分からなので、そんな混乱もなく、幕間のお客様も結構ゆったりとランチを

召し上がっていました。仲間由紀恵さんの事務所の後輩なのでしょうか?

可愛い若いお嬢さん方が4人もマネージャー風の人に連れられて、幕間にランチを

していました。みんな礼儀正しくて、感じのよい可愛いお嬢さんたちでした。

そして、終演後、それも5時過ぎに、出演者の沢田雅美さんがいらっしゃいました。

私が、「今月、出ていらっしゃいますよね?」と声をかけると、ご丁寧に、「はい、初日が

あきました。」と、ごあいさつ下さいました。

テレビで見る沢田雅美さんとちっとも変らずそのままの方でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »